脱毛中 電気シェーバー


main_top
今すぐチェック

電気シェーバーを使うときの注意点

脱毛中にも必要な電気シェーバーを使うときの注意点

脱毛期間中でも、さすがに未施術の部分のフサフサムダ毛を放置するわけにはいきませんよね。

ムダ毛が生えている部分は、自己処理が必要です。

そんなときに便利なのが電気シェーバーですが、使うときの注意点を押さえておきましょう。

電気シェーバーの切れ味は永遠ではない!

T字カミソリはしばらく使っていると刃の切れ味が悪くなるので、交換しなくてはいけませんよね。

それと同じ様に電気シェーバーの刃も交換が必要なんですよ。

電気シェーバーには外刃と内刃があります。

T字カミソリよりは電気シェーバーの方が切れ味が長持ちしますが、使っていくうちに切れ味が悪くなってきます。

切れない刃のままでムダ毛処理をするのは、いくら電気シェーバーでも肌にいいことではありません。

外刃は1年、内刃は2年を目安に交換するようにしましょう。

電気シェーバーも清潔に!

ムダ毛処理をするときに清潔な刃を使うのは常識です。

電気シェーバーも使った後に中を開けてみると分かるのですが、ムダ毛以外にも皮脂や皮膚の削れたものが溜まっています。

そのままにしておくと、細菌が繁殖してしまいます。

もしその不潔な刃でムダ毛処理をしてしまうとどうなるのでしょうか?

想像は付くかと思いますが、細菌に感染して毛包炎などの肌トラブルを招いてしまいます。

肌をガードしながら剃ってくれる電気シェーバーでさえ、多少は皮膚を傷つけています。

傷や毛穴部分から細菌に感染しやすくなるので、できるだけ刃のメンテナンスは怠らないようにしましょう。

押しつけて剃らない!

電気シェーバーを押しつけて剃ると、なんだか深く剃れるような気がします。

でも、強く押しつけて剃る行為は肌にとっても電気シェーバーによってもよくないことです。

高機能のものは押しつけなくても自然に倒れているムダ毛を起こし、きれいに剃ってくれます。

また、刃の切れ味が悪くなってしまい電気シェーバーを押しつけて剃る人もいますね。

そんなことをするのではなく、思い切って刃を替えるようにしましょう。

あくまでも補助的に使用

肌のことを考えるなら、やはりしっかりと脱毛サロンで処理をした方が安心です。

電気シェーバーはあくまでも補助的に使用するものを考えておきましょう。

頻繁に自己処理をしては肌の負担が蓄積され、傷や色素沈着の元となってしまいます。

気になるムダ毛はしっかりと脱毛しておき、中途半端な期間を電気シェーバーで上手に乗り越えたいですね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 徳島県@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.