脱毛期間中 自然公園 注意点


main_top
今すぐチェック

脱毛期間中に県内の自然公園へ行く際には注意が必要

脱毛期間中に県内の自然公園へ行く際の注意点は?

脱毛期間中に徳島県内の自然公園へ行く際は、いくつか注意点があります。

徳島というと鳴門海峡がピックアップされがちですが、実は徳島には自然豊かな自然公園もあります。

徳島県の三次市にある大歩危小歩危なども有名ですよね。

このような自然豊かな徳島県で、自然を感じるために自然公園へ出かけるのはとても良いことです。

しかし、いくつかの点には注意をしなければなりません。

注意点1:日焼け止めの塗り直しを欠かさず行う

脱毛期間中に徳島県内にある自然公園などに出かける場合は、必ず日焼け止めを持参し、塗り直しを欠かさず行うようにしましょう。

徳島県内のレジャーでは、水に触れることも多いので、できればウォータープルーフにしておきましょう。

自然公園では、もちろんですが冷房が効いていて、屋根が付いていて、紫外線を浴びないような場所はほとんどありません。

ですから、基本的には炎天下の中、日差しを浴びながら過ごすことになります。

もちろんのこと、日焼け止めを塗りたてはいいですが、塗ってしばらくすると人間の持つ肌のデトックス作用により数時間で本来ほどの紫外線カット効果を持たなくなります。

こうなってもまだ塗り直しをしないと、日焼け止めを朝に塗っていても、昼にはどんどん日焼けをし始めます。

自然公園に行く際は、日差しを覚悟し、日焼け止めを塗り直すように気を付けましょう。

注意点2:直射日光を長時間浴びないように注意

脱毛期間中に徳島県内の自然公園に出かける際は、直射日光を浴び続けないようにし、木陰やテントの中で小休憩を頻繁にとるようにしましょう。

紫外線カットできる日焼け止めや衣類には限界があり、まったく0にはできません。

つまり、紫外線をある程度はカットできても、「当たっていない」ことにはできないのです。

ですから、長時間日差しを浴び続けると、当然肌は赤くなったり、少し日焼けをしてしまったりします。

また、肌は紫外線によって傷つけられるので、直射日光を長時間浴びることで、傷がどんどん深くなってしまいます。

脱毛期間中は肌にストレスをかけないようにしなければならないので、直射日光に当たる時は、しばらくしたら休憩し、肌を休めるようにしましょう。

注意点3:ケガをしないよう長袖長ズボンの服装で

自然公園内は岩でできた階段など、ケガをしやすい状態であることが多いです。

脱毛期間中に脱毛部位をケガしてしまうと、当然その部位には脱毛施術できず、1回分脱毛をそこだけ受けられなかったようになってしまいます。

こうなると脱毛終了できる日もどんどん伸びてしまうので、脱毛期間中に自然公園に行く時はケガを予防する服装で出かけましょう。

これらの注意点を守れば、自然公園を満喫でき、脱毛効果を下げるような影響もありません。

むしろ、自然の中でストレスを発散でき脱毛効果もアップできるので、注意点を守って積極的に出かけましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 徳島県@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.