脱毛期間中 夏場 かゆみ


main_top
今すぐチェック

脱毛期間中の夏場のかゆみに注意!

08

脱毛期間中に夏場のかゆみ対策を怠らないようにしましょう。

夏場は気づかないうちにいっぱい引っ掻いている

実は夏場は気づかないうちにたくさん引っ掻いてしまっています。

かゆみというと、乾燥している冬場に多いと感じている人も多いです。

しかし、実は夏場は肌が蒸れることが多く、それによる刺激などでかゆみを感じる機会が多いのです。

ただ、かゆいと感じる前にすでに引っ掻いてしまっていることも多いので、かゆみを意識している人が少ないのですね。

このように夏場にかゆみを感じる機会が増える理由には大きく分けて3点あります。

1点は蒸れです。

夏場には蒸れにくい洋服などを着ていないと、汗が肌と洋服との間にこもってしまい、蒸れてかゆみが生じる場合があります。

2点目の理由は日焼け止めなどの刺激物との化学反応です。

夏場は特に汗の分泌が多いですよね。

その上、強めな日焼け止めを塗っていることも多いです。

汗と日焼け止めや化粧が化学反応を起こしたり、菌による分解などによって、肌に有害な物質が作られる場合があります。

この有害な物質が少しなら問題はないのですが、増えてくると肌に刺激が伝わり、かゆみの原因となります。

3点目は虫刺されです。

夏場は虫が増えるので、冬場よりも虫に刺されやすいです。蚊やダニなどの虫に刺されると、かゆみが発生します。

引っ掻くと肌はどうなる?

これらの原因でかゆみが生じて、夏場に肌をぼりぼり引っ掻いてしまうと、肌表面の角質が傷ついてしまい、新しい細胞も調子が悪くなってしまいます。

肌の調子が悪くなると、肌トラブルも発生しやすくなり、最悪の場合は脱毛をおやすみしなければならない時もあります。

その上、引っ掻いてしまうと、目には見えない無数の傷が皮膚についてしまいます。

この小さな傷に菌が繁殖したりして、肌が炎症を起こしたり、腫れたりして、脱毛効果を下げてしまうこともあるのです。

脱毛を成功させる為にも、かゆみを感じたからといって引っ掻くのは良くないのですね。

かゆみにはこう対処!

かゆみのケアとして、まず虫刺されにはかゆみを抑える薬を塗って、引っ掻かないようにしましょう。

蒸れやすい洋服や下着などは避け、なるべく通気性のいい衣服にし、蒸れてかゆみが発生しにくいようにしましょう。

また、日焼け止めと汗が化学反応を起こして肌に刺激が伝わるのを防ぐ為に、汗は定期的にふき取り、化学反応が起こる前に拭い取るよう習慣づけましょう。

ハンカチよりも吸収力の高いミニタオルなどを常に持っておき、汗をかいたらすぐに拭きとれるように準備しておきましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 徳島県@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.