医療レーザー脱毛についてここでは見ていきましょう。

そもそもレーザー光線はいろいろな種類がありますが、その中でも黒い色素だけに反応をする特殊なエネルギーを持っているレーザー光線も存在しています。

そして、そんな特殊なレーザー光線を当て、毛根と毛包が焼いて永久性の高い脱毛を実現するのが医療レーザー脱毛です。

毛根の部分には黒い色素であるメラニンの部分だけを熱破壊して脱毛をしていきます。

日本人は表皮にもメラニンが少し存在しているので、その点も考えて作られたのがアレキサンドライトレーザー、そしてダイオードレーザーの主に2つです。

この2つが今のところ一番レーザー光線として適していると考えられています。

ですが、毛が抜ける時期である休止期に入っている毛包は黒い色素がありませんので、レーザーを当てても効果は期待できません。

あくまでも成長期に入ってからの照射というのが一般的な流れです。

医療レーザー脱毛は名前を見ればわかるはずですが、医療とついているだけにクリニックなどの医療機関でしか受けられません。

ですから脱毛サロンなどの非医療機関では医療レーザー脱毛を受けることはできないのです。

そんな医療レーザー脱毛に対して、「永久脱毛をできるのか」という素朴な疑問を持たれる方がいるようですが、それは少々間違っています。

たしかに、一般的には医療レーザー脱毛は「脱毛効果がほぼ永久的にあるといっても間違いないであろう」と言われています。

ですが、その人の肌、毛質などによっても効果の現れ方は違いがありますし、レーザーの照射方法によってもその効果は違いがあります。

まだ医療レーザー脱毛が始まってから数年しか月日がたっていませんので、はっきりとしたデータが取れていません。

なので、このことから確かな脱毛効果は期待できるものの、確実な永久性が期待できるとは断言できないのです。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 徳島県@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.