脱毛 プール 海


main_top
今すぐチェック

脱毛した肌へのプールや海の水の影響

普段から水着になる機会が多い人は、人一倍脱毛の意識が高くなります。

プール通いや海に行くために脱毛している人もいるでしょうが、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。

プールの水は塩素が入っている

頻繁にプールに通っていると髪の毛が赤茶けてきて、パサパサになったという経験を持つ人も少なくなりません。

それは塩素のせいです。

プールの水は消毒目的で塩素を入れており、そのせいで髪の毛が痛んでしまいます。

髪の毛にダメージがあるということは少なからず肌へも影響があります。

もちろん髪の毛も肌もちゃんとケアをしていれば問題がありませんが、脱毛直後のデリケートな肌は影響を大きく受けてしまいます。

塩素はプールを清潔に保つために必要なものですが、弱っているときにはその成分が刺激になりますね。

普段プールに通って運動している人でも、脱毛直後だけはお休みをし、肌が落ち着いてから再開するようにしましょう。

海水も脱毛直後は刺激が強い

海水には当然ですが塩分がたくさん含まれています。

海水のように塩分がたっぷりと含まれた水が肌についてしまうと、肌は刺激を感じてしまいます。

すぐに洗い流してしまえば問題ありませんが、海水がついたままビーチを歩きまわると紫外線とのダブル打撃をくらい、肌はますますひどくなります。

いつもの丈夫な肌でも紫外線と塩分で炎症を起こしやすいのに、脱毛直後の肌で同じことをしてしまうのはいけません。

炎症がひどくなるとまるで火傷のようになってしまう可能性もあります。

日焼け止めをすればいいと安易に考えてしまう人もいますが、これもまた成分が肌を刺激することもありますし、流れ落ちて紫外線カットの意味をなさないこともあります。

また、ついうっかり日焼けをしてしまえば脱毛も先延ばしになってしまいます。

海は脱毛施術直後だけではなく、施術前も行かないようにしましょう。

脱毛が終われば好きな水着を着こなせるので、ちょっとだけの辛抱ですよ。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 徳島県@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.