色素沈着 ほくろ 脱毛


main_top
今すぐチェック

色素沈着やほくろがあるときの脱毛

脱毛サロンで主流の技術といえばフラッシュ脱毛ですが、肌に光を当てる技術なので色素沈着やほくろがある部分は注意しなくてはいけません。

もし色素沈着やほくろがある場合は、どのように脱毛していけばいいのでしょうか?

ほくろ部分には光を照射できない

フラッシュの光は、毛のメラニン色素に反応する特徴があります。

ほくろ部分は他の肌より色が濃いので、光を当ててしまうと熱を帯びてしまい、強い痛みが生じて火傷の恐れがあります。

そのため、脱毛サロンではほくろには光を照射することができません。

実際にはほくろに光が透過しないようにテープなどでカバーをして施術を行いますので、脱毛自体を断られてしまうということはありません。

しかし、ほくろから生えているムダ毛はどうしても脱毛できないので、理解しておきましょう。

色素沈着がある場合の脱毛は?

色素沈着とは、何らかの原因で生成されたメラニン色素が排出されず留まってしまったため、肌のクスミやシミとなって残る現象のことです。

色素沈着は決して紫外線だけで起きるものではありません。

傷跡、ニキビ跡、もしくは服や下着の摩擦のせいで色素沈着を起こしてしまうこともあります。

フラッシュ脱毛がメラニン色素に反応するなら色素沈着のある肌への施術も心配になりますよね。

しかし、多少黒ずんでいるワキの下やデリケートゾーンなら、施術するのには問題が無いことが多いです。

クスミが強い部分はどうしても痛みが強くなってしまうので、その場合は出力を落としてお手入れしてもらうといいですね。

ただし、色素沈着の色があまりにも濃い場合はやはり施術ができなくなる場合もあります。

傷やニキビ跡ぐらいならほくろと同様にテープなどでカバーしながら施術も可能ですが、全体的に広がっているクスミの場合は困難です。

サロンによってもどの程度のクスミまでならOKという判断基準が異なりますので、無料カウンセリングなどを利用して一度相談してみるといいでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 徳島県@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.