風邪薬 脱毛


main_top
今すぐチェック

風邪薬を飲んでしまったら脱毛を休む

空気が乾燥して気温も下がってくると、体調を崩しがちですね。

ちょっと風邪気味だな、なんてときに市販の風邪薬を飲むことはよくあることです。

でもそれって、脱毛に影響しないのでしょうか?

薬を飲んでいると脱毛はNG

脱毛を行う前には、サロンでは必ず現在服用している薬がないか確認します。

もし服用している薬があれば、サロンでは基本的に施術ができません。

なぜなら薬の中には肌の状態に影響を及ぼす成分を含んでいるものもあるからです。

例えば抗生物質や利尿剤の中には、光線過敏症といって光に過敏になる副作用を起こすものもあります。

フラッシュ脱毛はカメラのフラッシュのような光を肌に当てるので、光線過敏症の人は受けられません。

そのような影響を避けるために、薬服用中の人の施術は断るのです。

もちろん薬の中にはそのような影響がまったくないものもありますが、脱毛サロンは医療機関ではありません。

細かい成分や副作用について判断はできませんので、薬服用中は全面的にNGとしているのです。

どうしても脱毛をしたいときは?

風邪薬ぐらいで施術を断られるのは不便、影響がないので脱毛してほしいと考える人もいるかもしれませんね。

どうしても脱毛をしてほしい場合は、薬剤師やかかりつけの医師に確認して、脱毛に問題がないという判断をしてもらうようにしましょう。

医師の判断があれば、脱毛サロンも許可を出してくれる可能性が高いです。

一番いけないのは、薬の服用をだまって脱毛を受けること!

万が一肌トラブルがあっても薬の服用をだまっていたということがあれば、サポートを受けられない可能性もあります。

面倒かもしれませんが、申告すべきことはちゃんと伝えましょう。

風邪薬服用中は体調がすぐれないことを忘れないで

薬に何も問題がないことが分かれば脱毛もできるのですが、風邪薬を飲んでいるということは体調がすぐれないということが言えるでしょう。

人はストレスが溜まったり体調が悪かったりすると、普段よりも肌がデリケートになってしまうものです。

そんなときに脱毛で肌に刺激を与えるのは、あまりよくありません。

無理して施術を受けても、肌トラブルが起きて次の施術に影響を及ぼす可能性があります。

せっかく予約を入れたのにキャンセルするのは勿体ないという気持ちもよく分かりますが、体調が悪いときは脱毛しないのが一番いいのです。

調子悪いなと感じたら、思い切って予約日を変更するのもいいでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 徳島県@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.