脱毛 ピーリング 


main_top
今すぐチェック

脱毛とピーリングの併用

ピーリングはお肌の角質が取れて、スキンケアに役立つので人気がありますね。

しかしいいことばかりじゃないのがピーリングです。

特に脱毛を考えている人は、注意点をしっかりと抑えておきましょう。

ピーリングのメリット・デメリット

ピーリングはフルーツ酸などの薬剤を用いて、肌の表面の古い角質を落とすスキンケア方法です。

角質が取れることで、肌のトーンはワンランクアップします。

クスミやニキビ跡が気になっている人がよく用いるスキンケアですね。

しかしピーリング剤が合わない人もいますし、使用頻度を間違ってしまったせいで肌が真っ赤に腫れあがってしまう人もいます。

角質は肌を守るためにも大事なものなので、取り過ぎは危険なんですね。

どんなにマイルドな市販のピーリング剤でもアレルギー反応は心配なので、パッチテストは必須です。

二の腕の裏など目立たない部分でパッチテストを行って、反応が少しでもあればやってはいけません。

脱毛への影響

ピーリングをした後は、肌が一皮むけて敏感な状態にあります。

刺激にも弱いので紫外線を浴びるのも注意したいところなんですね。

そのためその状態で脱毛してしまうと、普段は起きない肌トラブルが起きてしまう可能性が高いのです。

脱毛は光やレーザー、もしくは電気・超音波を用いて、毛根部分にダメージを与えて行います。

どんなにマイルドな脱毛方法でも肌へ刺激を与えることには変わらないんですね。

逆に脱毛直後にピーリングしてしまう行為も、肌トラブルを招いてしまう原因になります。

脱毛するならピーリングはダメ!

肌のターンオーバーはおよそ28日サイクルといいますので、ピーリングも4週間に1回ぐらいの間隔で行うのが一般的です。

期間を十分に空ければ脱毛とピーリングを並行して行っていいように思えますが、肌のことを考えると同時に行わない方がいいです。

ピーリングは無理に角質を剥がして肌のターンオーバーを早めてしまう行為です。

いくら期間を空けたからといって、脱毛中の肌にいい訳がありません。

それにフラッシュ脱毛は、肌のターンオーバーを促すフォトフェイシャルと同じ光源を使っています。

ターンオーバーを促せばできてしまったメラニン色素を外に排出しやすくなり、シミ予防やクスミ改善ができます。

ですから脱毛するだけでも美肌効果が期待できるんです。

どうしてもピーリングしたいという場合は脱毛していない肌にするようにし、脱毛する部位と被らないようにしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 徳島県@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.