徳島 VIO脱毛 痛み


main_top
今すぐチェック

徳島県で話題のVIO脱毛の痛みや体勢

海外セレブや国内のモデル、芸能人が下の毛のお手入れをすることが話題になり、徐々に一般に広まり始めました。

今では脱毛サロンの定番コースの中に堂々とVIOラインが入っていますよね。

当然ながら、徳島県でも脱毛ができるサロンがたくさんあります。

でも、デリケートな場所だけに、施術時の痛みや体勢など、気になることが山積みです。

そこで誰もが気になるVIO脱毛時の体勢や痛みについて調べてみました。

≪VIO脱毛は痛くない?≫

エステサロンの脱毛技術は主にフラッシュ脱毛といって、比較的痛みの少ない技術を用います。

少し毛が引っ張られただけでも強い痛みを感じる場所でも、フラッシュ脱毛なら安心して施術を受けられそうですね。

ただし、いくらフラッシュ脱毛でもまったく痛みを感じないわけではありません。

毛質がしっかりして密集している場所は他の場所よりも痛みを感じやすく、ワキやデリケートゾーンは比較的痛みを感じやすいところです。

特にOラインは直腸と繋がっているデリケートな場所ですし、ほとんどの人が色素沈着があります。

そのため痛みを強く感じるので、痛さでビックリしてしまうかもしれません。

でも、Oラインは狭いですので施術はあっという間に終わりますし、何度か施術を繰り返すとだんだん痛みも感じなくなります。

多少痛いかもしれませんがあっという間に終わると思えば、我慢できます。

だんだん毛が薄くなっていくのを見ると、嬉しくなってしまいますよ。

≪VIOライン脱毛の施術時はどんな体勢?≫

痛みの他にもう1つ不安要素を挙げるとしたら、施術時の体勢ではないでしょうか?

腕や脚とは違い、例え同性であってもVIOラインは他人に見られるのが非常に恥ずかしいものです。

そんな心理に配慮して、脱毛サロンでは紙性のショーツを着用させた上で施術をすることが多いです。

VIOラインでも、場所によって施術時の体勢は異なります。

まずVラインの場合、光を当てる部分は少しショーツをずらすなど工夫をして紙ショーツを着用したままで施術を行います。

Iラインは仰向けになり、片足ずつくの字に曲げて横に倒してから施術します。

その場合も紙ショーツは着用したままで、光を当てるときに布をずらします。

Oラインは最も入り組んでいる場所なので、うつ伏せになってショーツを下ろし、臀部を広げて施術するのが普通です。

サロンによっても若干異なりますが、多くがこんな感じでVIO脱毛を行います。

特にOラインやIラインは恥ずかしい体勢になりますが、エステティシャンはプロですので、安心して任せましょう。

恥ずかしさは最初だけですし、後は慣れてきて薄くなっていくアンダーヘアに喜びを感じますよ。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 徳島県@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.